スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08年度上映作品紹介 その1 『 なにわ天閣監督作品集 』

『 なにわ天閣監督作品集 』
97年~02年/カラー/ビデオ/10分
なにわ2

【 バカ映画 の教祖 】  なにわ天閣監督の作品を4作品上映。

何が飛び出すか、何を目撃するか
そして、何を感じるかはあなた次第!

華麗なるバカ映画の世界を、心行くまで酔いしれて下さい。


● 上映作品

『 みどりちゃん 』  97年
『 はじめてのコマ撮り 』  97年
『 引き出しの中のタイムマシーン 』  98年
『 特攻伝説 』  02年





なにわプロフ

●なにわ天閣プロフィール

1964年、神戸市出身。
幼少の頃、夢枕に立ったブルース・リーに啓示を受け、映画監督を志す。

高校卒業後、上京し、俳優として活躍する一方、
8ミリフィルムや家庭用ビデオで映画製作を始める。

90年 「 映像結社 浮世の風 」 を結成、
映像制作の一環と称して、募金・集金活動にいそしむ。

97年、“ 今最も期待されてない映画作家 ” としてBOX東中野でレイトショー公開。 
また、スカイパーフェクTVにて 「 なにわ天閣特集 」 がオンエアされるなど、
“ バカ映画の巨匠 ” “ 知る人ぞ知るバカ映画の天才 ” と雑誌や情報番組への出演多数。

98年 『 みどりちゃん 』 がハンブルグ国際短編映画祭に選出。
その後も国内外のさまざまな映画祭に招待され、海外メディアで 【 バカ映画 の教祖 】 と評される。

99年、ビデオ 『 セーラー★コップ 』 でデビュー。
現在は一消費者として、まっとうな市民生活を営んでいる。

日本映画監督協会会員。



【 主な作品 】

『 みどりちゃん 』 
『 SPACE GO 』 
『 想い出のコペンハーゲン 』  他


【 Vシネマ作品 】

『 セーラー★コップ 』  
出演:緒川まりん/法福法彦/大森かほり/伊藤久華/田中要次(BOBA)

『 実写版 まいっちんぐマチコ先生  ビバ!モモカちゃん!! 』  
出演: 森下 悠里/仲村みう/倉田みな/泉 明日香/水沢 亜咲美

『 実写版 まいっちんぐマチコ先生  GO!GO!家庭訪問!! 』  
出演: 森下悠里/谷 桃子/OTAKU佐藤/花木衣世/森山花奈/雨坪春菜/永瀬麻帆





公式サイト  なにわ天閣の正体


スポンサーサイト

08年度上映作品紹介 その2 『 話し 』  恩田 浩監督作品

『 話し 』
2006年/カラー/ステレオ/DV/アウトマンラボ/20分
恩田1

主人公らしき男が、妻や友人、昔の仲間と “ 話し ” をする。
が、 “ 話し ” をするのは相手の方で、男はほとんど “ 話し ” をしない。

“ 話し ” 相手を紹介していく物語。
そこから生まれるものは何か?を描く極私的作品。



監督・脚本 恩田浩

音楽 KKAWAXX

出演 重森一/高岡晃太郎/新津東二/村上崇/川西弘晃/ヨシコ/恩田浩





恩田プロフ

恩田浩プロフィール

東京都浅草生まれ。
4歳の時に見た 『 ゴジラ対ヘドラ 』 がトラウマになったのか、未だに映画を見るとトランス状態に。
逆療法で始めた映画作りにはまり、今に至る。

子供の頃、上野動物園の柵から落ち頭を打つ。

日本映画学校出身。
教育実習の経験もある。

アウトマンラボという団体に所属し
テレビの仕事を続けながら自主制作で作品を撮り続けている。

年数回、池ノ上シネマボカンにて新作定期上映会 【 アウトプッツ 】 を開催したり
月一で発行しているアウトマンメールマガジン 通称 【 アウマガ 】 の編集長をしたり
アウトマンブログを一人更新し続けたりと、孤軍奮闘。

家族と、酒と映画とアウトマンをこよなく愛す中年男。

料理好きの一面もあり、クッキングパパの異名を持つほどの腕前。
趣味は、手作りのハンバーグを人に食べさせる事。

好きな作品は 『 ダイナマイトどんどん 』




【 主な作品 】

『 世界で一番長い日 』 (川西弘晃監督と共作)
『 晴れた日はUFOを待って 』
『 佇む 』
『 ビコーズ 』
『 雪の日の探偵 』
『 くらぶはうす 』
『 そんな日もある 』
『 ローラ 』
『 ホワイト 』
『 kitchen 』
『 バッカスナイト 』
『 ふたたびの日 』
『 バッカスナイトII 』
『 サイクリングマン 』
『 A.D.2014 』
『 ホワイト・リバース 』
『 世界はオレの洗濯機を中心に回っている 』
『 A.D.2018 』
『 愛の手紙を書いてみよう 』




アウトマンラボ 公式サイト





08年度上映作品紹介 その3   『 スズキ商事 』  河野和男監督作品

『 スズキ商事 』
2008年/カラー/DV/日本/12分
河野1


会社をクビになり、自堕落な生活を続けていた主人公は
金が底をついたことから、アルバイトを始める。

スズキ商事という名のバイト先に向かうと、そこはアパートの一室。
その部屋の中では、
一人の男がガラクタらしきモノをネットオークション販売をしていた。



出演  鈴木輝希/河野和男/鈴木明日香


監督・脚本・編集  河野和男

撮影  鈴木明日香/河野和男

録音  鈴木輝希/河野和男

音楽  鈴木明日香/Riverfield Peaceman

製作  North UP riverside apartment


コンチネンタルドリフト国際短編映画際/ストラスブール国際映画祭
シュバイツァーレイクダンス国際映画祭で上映




河野プロフ

●河野和男プロフィール

高校の卒業式で後輩に花をもらいたいがため、
3年になっていきなり誰も部員のいなかった映画部に強引に入部。

新入生も勧誘し、入部させたがまともな作品は撮らず、
暴風雨の中屋上に出ていって雷を撮影したり、
飛び降り自殺の視点からの映像を撮影しようとして屋上からカメラを落とし、壊す。
後輩はいなくなり、花はもらえなかった。

卒業後、上京し本格的な自主映画製作に突入。
サークルや団体に所属せず、たった一人の活動に拘る。

パターン化を嫌い、スタッフ・キャストを固定しない方式での製作を貫くため
新宿の路上で 「 自主映画スタッフ・キャスト募集!」 と書いた看板を立て、その都度、人を集める。

その模様が、TV番組 「 トゥナイト2 」 で放映。
同年、イカス青春映画 『 あずきアイス 』 が福井インディーズ映画祭観客賞を受賞。

切ないロードムービー 『 黙って前見て運転せよ 』 にて
2002年大阪国際いずみさの映画祭審査員特別賞
2003年第8回長岡アジア映画祭インディーズ部門準グランプリおよび主演女優賞を獲得。

その後も、受賞・入選作品を連発する。


現在岩手県在住。
農業資材の会社員の傍ら作品を製作している。




【 主な作品 】

『 国道8号には0なんてない 』
『 レッツゴー!東海村 』
『 COPY 』


『 あずきアイス 』
福井インディーズ映画祭観客賞


『 黙って前見て運転せよ 』
2002年大阪国際いずみさの映画祭審査員特別賞
2003年第8回長岡アジア映画祭インディーズ部門準グランプリおよび主演女優賞(鈴木明日香)
2003年第4回TAMA NEW WAVE上映
2004年第1回スーパーインディーズ映画祭招待上映


『 夏の終わりのアイス売り 』
2005年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門入選 
2005年Berlin Asia-Pacific Film Festival入選
2006年Videolab Lagos in Portugal招待上映


『 シーチキン☆デスマッチ!』
第9回インディーズムービー・フェスティバル入選


『 夜明けまで 』
2006年TAMA NEW WAVEある視点部門入選


『 小波の上 』
第10回インディーズムービー・フェスティバル入選


『 す 』  (asukazuo名義)
第1回げまてれショートムービー大賞受賞





『 スズキ商事 』 公式サイト

河野和男 公式サイト





上映作品紹介 その4   『 ガソリンゼロ 』 飯野 歩監督作品

『 ガソリンゼロ 』
2004年 / DV / カラー / STEREO / 68分
第15回 TAMA CINEMA FORUM 映画祭 <第6回TAMA NEW WAVE> 「特別賞」 受賞
ガソリンゼロ4


毎日毎日、行き止まりの路の前で、愛車の原付に乗ってグルグルと回り続けている主人公。

バイトをし、グルグル回り、ガソリンスタンドの女店員の笑顔に癒される…
そんな毎日を繰り返す彼は、ひょんなことから居場所のない女子高生と出会う。


先のない未来に不安を覚えながらも、
同じ日々を繰り返してしまう “ あなた ” に贈る、ほろ苦くも暖かい青春映画。




[ CAST ]
山崎吉範/水野由加里/勝俣幸子

渡辺慶子/七枝実 /中島美奈/阿部英貴 /吉田伸彦/外山尊也



[ STAFF ]
原作 /奥田徹
監督・脚本・撮影・編集・音響 /飯野歩
音楽 /米山典昭

監督補 /伊東佳江
制作担当 /森田理生(Pour Dick's)

タイトル・メインビジュアル/八代一文
メインビジュアルスチール /北 一

制作協力 / Pour Dick's

製作 /歩飯野開発機構






ガソリン

●飯野歩プロフィール

千葉県出身。
日本大学芸術学部映画学科卒業。
エンターテイメント作品を志し、自主制作作品にてPFFアワード、日本映像フェスティバル他多数受賞。

現在は商業ベースでゲームや au携帯WINの動画サービス<EZアップチャンネル>のプログラム
「ミニッツストーリー」「ウィークエンドプレジャー」にて配信の短編ドラマ、
BS-i・TBS等の番組で流された短編作品ドラマの演出に携わる。




【 主な作品 】

『 殺人物語 』
『 CATCH PEEPING TOM!』
『 一瞬のヒーロー 』
『 こんな私の密かな交際 』


『 不良少年よ大志を抱け 』
第19回日本映像フェスティバル 「フェスティバル大賞」
神奈川芸術祭第14回映像コンクール 「TVKテレビ特別賞」


『 だるまさんがころんだ。』
第19回神奈川県映像コンクール 「入選」


『 mobius 』
BJ映像大賞’95 「準グランプリ」


『 詭弁の街 』
第19回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード’96 「審査員特別賞」
第1回インディーズムービーフェスティバル 「入選」


『 ハズしちまった日。』
第2回宝塚映画祭<第2回映像コンクール> 「グランプリ」&「市民賞」 ダブル受賞
AQコンテンツコンテスト2002 「総合グランプリ」
第2回ショウビフィルムフェスティバル 「グランプリ」
第11回 TAMA CINEMA FORUM 映画祭 <第2回TAMA NEW WAVE>「特別賞」&「男優賞(ビデオ部門)」
第23回神奈川県映像コンクール 「TVKテレビ特別賞」
ひろしま映像展2003 「演技賞」
大阪プラネット映画祭2002 「入選」


『 キャッチボール 』
第3回ぐんまショートフィルムコンクール 「グランプリ」
第10回水戸短編映像祭コンペティション部門ノミネート





公式サイト 歩飯野開発機構







なかラプ 09
なからぷポスターサイド用

2009年11月8日(日)
なかのZERO小ホール にて開催

13時40分開場 14時開演




【上映作品】
※各作品の詳細は各画像をクリック

クビレンジャーサイド
「 クビレンジャー 」 「 アタマイザー 」


ナゲイレサイド
「 ナゲイレ Nage-ire ~essecnce of Japanese spirit 」


狼サイド
「 真夜中ノ狼~アル新聞配達員ノ詩~ 」


ミリモセンチモサイド
「 ミリモ・センチモ 」




なかラプ 10
なからぷチラシ10-2

2010年12月5日(日)
なかのZERO小ホール にて開催

13時40分開場 14時開演




【上映作品】
※各作品の詳細は各画像をクリック

関根プラグイン
「 タイムショック!関根先生 」


自転車プラグイン
「 自転車とラジオ 」


ペリオプラグイン
「 激闘口腔戦士ペリオ 」


あいかたプラグイン
「 あいかた~素人芸人伝説~ 」


切符師プラグイン
「 切符師~SEPPUSHI~ 」


プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。